【仙台】秋保 秋保地域における自立自走型、地域プロデュース拠点の開設と運営[研修60日コース]

研修先

有限会社マイティー千葉重
http://www.chibajuu.jp/

ふるさとプロデューサー

有限会社マイティー千葉重 代表取締役 千葉大貴
1999年より、宮城の酒蔵や仙台の牛たん専門店を集めたポータル サイト、仙台の食品加工会社を集めたECモールなどを開設。日本のインターネットビジネス創世期に、地域の中小企業を巻き込んだインターネット活用の成功モデルとして数々の賞を受賞。近年は地域ブランド開発・強化支援のためのプロデューサー業務を中心に活動中。
実績
キリン絆プロジェクト「東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト」、Rebirth東北フードプロジェクト「はらくっついTOHOKU」、丸の内東北応援フェア「MARU de MIYAGI」、宮城県・女川町「商品開発・プロモーション展開」

学べるポイント・学べるコト

  • 古民家を拠点とした観光まちづくり
  • 地元シェフとの連携と地域食材を活用した食ブランド構築
  • サイクルツーリズムを推進するための団体設立とイベント運営

本研修では、地域と協働して事業を行う際のプロジェクトの進め方、地域プロデュースを自立継続するためのビジネスモデルの作り方、食ブランド開発、サイクリングを中心とした街づくりを学ぶ。とくに古民家再生については著名な専門家を招き、ワークショップを開催するなど企画から設計、着工までのプロセスを間近で見ながら学ぶことができる。

研修内容・スケジュール

ターム1 (9月~10月)

  • 行政、地域住民の巻き込み方について学ぶ
  • 地域の課題解決に向けたリサーチ手法
  • 資金調達、観光まちづくり会社のビジョン策定

ターム2 (10月~11月)

  • サイクルツーリズムとファームツーリズムの作り方
  • 地域住民の機運醸成、サイクルまちづくり
  • ツアー造成とキャッシュポイントの作り方

ターム3 (11月~12月)

  • 地域食材を使った地域のグルメ開発、生産者との連携
  • 有名シェフ、地元シェフと連携したレストランイベントの作り方
  • 地酒(ワイン、クラフトビール、日本酒)と連携した食文化の作り方

研修先プロフィール

マイティー千葉重

仙台市に本拠点を置き、「地域・食・IT」を3本柱に、地域ブランド開発や地域プロジェクトの企画・運営などを実施。2018年7月には、秋保温泉街の中心部に築160年の古民家をリノベーションした観光まちづくり拠点「アキウ舎」をオープンする。

研修地域の紹介

秋保温泉街は東北地方でも最大規模の収容人数を誇る温泉街です。1,000年以上の歴史があり、伊達家の御湯としても伊達政宗も頻繁に訪れたことでも有名です。仙台駅から車で30分程度と立地も恵まれていることから観光客だけでなく、仙台市民からも愛されている。しかし、バブル経済の崩壊後は団体客や法人などのバスツアーも減り、建物も老朽化してきたことで大きな転換期を迎えている。一方で周辺地域には日本三大名瀑とも言われる秋保大滝に代表されるように自然が深く景観も美しい地域です。近年はこれまでの稲作農業に加え、オーガニック農業を営む農家やワイナリーなどもオープンし、「おはぎ」などのスイーツも有名となっている。

研修時の近隣の宿泊施設

BARLOUNGE&INN KYOU
4,500円/泊(軽い朝食付き)で宿泊が可能

お問い合わせ

ふるさとプロデューサー育成支援事業(通称:ふるプロ)
事務局 担当:佐伯/菅野