【北海道】十勝 「街の駅構想」街なか再生プロジェクト[研修60日コース]

研修先

帯広商工会議所
http://www.occi.or.jp/

ふるさとプロデューサー

株式会社ジェイアール東日本企画 山本聖
元(株)小田急百貨店 商品統括部マーチャンダイザー(2010年8月退社)、郊外店舗と都心店舗の衣料品全般の仕入れ担当者として従事。2008年より(独)中小機構本部プロジェクトマネージャー(地域資源・農工商・新連携担当)として、半官半民の見地で全国の中小企業の支援活動を推進後、2018年5月より株式会社ジェイアール東日本企画入社。また現在、株式会社藤丸(藤丸百貨店)社長付新規事業開発担当として当プロジェクトに係わる。

学べるポイント・学べるコト

  • 「DMO」及び「地域商社」、「インキュベーション」計画案の策定
  • 地域拠点連携計画案の策定
  • 街なか集客を促すイベント・地域商品・サービス開発計画案の策定

当研修では、国内及び海外富裕層に向けた「観光イベント連携・関連商品の開発」「受入環境基盤整備」における調査・実証を学ぶことが可能。

  • ①交流拠点・観光拠点づくり
  • ②域外対象コアイベント開発
  • ③商店街イベント連携施策
  • ④観光目的地連携施策
  • ⑤地域産品開発及び販路開拓、人材育成

研修内容・スケジュール

ターム1(9月1日~10月中旬)

  • 拠点整備のための関係各者への調査(聞き込み・アンケート等)。
  • パートナー連絡会の開催による関係者ヒアリング
  • サイクリングイベント、グランピングイベント、マルシェイベントの実施
  • 参加者アンケート調査

ターム2(10月中旬〜12月)

  • 藤丸百貨店における改装「駅の街化」計画及びDMO計画案の策定
  • 「地域商社」「インキュベーション」計画案の策定
  • 街なか集客イベントの開発及び回遊施策計画
  • 地域商品・サービス開発計画案の策定

ターム3(12月〜1月末)

  • 地域パートナーの再整理、可視化
  • イベント受入体制の設計、実証(プレパーティー、買取促進等)
  • 新たな観光イベントのニーズ調査
  • 県、市町村の「ふるさと名物応援宣言」につなげる

研修先プロフィール

帯広商工会議所

帯広商工会議所は、今回街なか再生プロジェクトとして(株)ジェイアール東日本企画山本をプロジェクトマネージャーとして本事業を開始。帯広地域における地域企業の広く活力ある経営をサポートする。

研修地域の紹介

帯広地域は札幌の東南に位置し、地形としては十勝平野のほぼ中央に市街地が形成され、南西部に地域が広がっている。山岳地帯においては、日高山脈襟裳が国定公園に指定されている。平地のおよそ半分が農地であり、大規模な畑作地帯となっており、市北部には流域面積日本国内6位の十勝川が流れていることも特徴であり、自然が豊かな地域である。また、冬は豪雪地帯ではあるが、夏は涼しく、雨が少ない気候である。加えて、帯広市は農業も基幹産業となっており、「バイオマスタウン構想」「環境モデル都市行動計画」を策定するなど大規模な酪農・畜産を展開している。

研修時の近隣の宿泊施設

随時ご相談ください。

お問い合わせ

ふるさとプロデューサー育成支援事業(通称:ふるプロ)
事務局 担当:佐伯/菅野