【愛媛】松山 ~四国地域産品創出へ~「愛媛シルクプロジェクト」[研修60日コース]

研修先

株式会社リバースプロジェクトトレーディング
https://www.rebirth-project.jp

ふるさとプロデューサー

株式会社リバースプロジェクトトレーディング 代表取締役 河合崇
京都大学経済学部経営学科卒業。住友商事(株)などを経て、2016年4月にリバースプロジェクトの商社的役割を担う同社を設立。海外での事業経験が豊富であり、国内外に様々なネットワークを持つ。
「愛媛シルクプロジェクト」にて、2016年伊予銀行ビジネスプランコンテスト最優秀賞。2017年ふるさと名品オブ・ザ・イヤー政策奨励大賞(地方創生担当大臣賞)受賞。

学べるポイント・学べるコト

  • 地域内外でのネットワーク構築のノウハウ
  • 地域資源の商品開発、ブランディング、販路開拓
  • これからの地域商社の役割と担い手について
  • ①地域資源(未活用資源含む)発掘の手法
  • ②地域資源を活用した商品開発、ブランディングの手法
  • ③市場調査の手法
  • ④出口戦略(販路開拓、情報発信)策定の手法
  • ⑤地域キーマン(官民)との人脈構築、連携の手法

当研修では、地域資源を発掘し、それらを市場に届けるまでの一連の流れを、研修生が中心となって取り組んでいただきます

研修内容・スケジュール

ターム1(9月1日~9月30日)

  • 地域資源を知る。
  • 四国4県、瀬戸内地方の地域資源の把握、調査。
  • 地域を巻き込むために関わるプレイヤー、役割を学ぶ。
  • コミュニケーションツール、共通認識の確立。目標設定、情報の共有方法等

ターム2(10月1日〜10月31日)

  • 地域資源を磨き、情報を発信する。
  • 商品開発を学ぶ(アイテムの選定、パートナー企業選定、商品試作)
  • ブランディングを学ぶ(ストーリーを考える、概念、ロゴ、商品で表現する)
  • 販路開拓(地域内、地域外、海外の販路開拓方法を考える)

ターム3(11月1日〜11月30日)

  • 地域資源のストーリーを可視化する
  • Promote(伝える大切さを学ぶ。誰に伝え、どう伝えるかを実践する)
  • プロジェクトを発表する場を作る。
  • 県、市町村の「ふるさと名物応援宣言」につなげる。

研修先プロフィール

株式会社リバースプロジェクトトレーディング

愛媛県を中心に四国全域の地域資源を学びます。愛媛県は松山を中心とした中予、南部の南予、東部の東予の3地域に分かれており、それぞれの地域の特色、地域産品を知り、シルクを通じて、各地域をつなげていく手法(商品開発にて愛媛県内、四国全域での連携企業とタイアップ)を学びます。

研修地域の紹介

愛媛県は四国の北西部に位置し、東は香川・徳島の両県、南は高知県に隣接しています。県内を大きく3つの地域に分け、県東部を「東予」、県中央部を「中予」、県南部を「南予」と言います。
中予の松山圏域は四国一の商業・観光・サービス業等第三次産業の集積地であり、東予の宇摩圏域は紙・パルプの日本有数の産地、今治圏域は全国一のタオルや縫製・中小造船の集積する地場産業都市です。
また、南予の八幡浜・大洲圏域及び宇和島圏域は、日本一のみかんの産地として広く知られているおり、水産業でも、たい、はまち、真珠などの養殖業かが盛んで、全国有数の生産量を誇っています。
石鎚山、松山城 、宇和島城、今治城 、四国カルスト、道後温泉郷など観光名所も多く、それぞれの地域に魅力が溢れています。

研修時の近隣の宿泊施設

<愛媛県松山市>
松山ニューグランドホテル:4,000円~
http://www.newgrandhotel.jp/

お問い合わせ

ふるさとプロデューサー育成支援事業(通称:ふるプロ)
事務局 担当:佐伯/菅野