研修生募集

ふるさとプロデューサーによる研修プログラム

①60日コース

募集人員
10名程度
研修の内容
国内で活躍するふるさとプロデューサーの下で現場での実践的な経験を積むことが出来る研修を中心としたコース。
対象
  • 地域プロデュースに課題をお持ちの方
  • これから地域のプロデュースを行う予定の方

研修プログラム一覧

②20日コース

募集人員
10名程度
研修の内容
国内で活躍する地域プロデューサーの講義+視察、およびふるさとプロデューサーに必要な知識を座学にて研修できるコース。
対象
  • 地域産品をプロデュースしようとしている地方自治体や
    観光協会DMO職員の方
  • 商工会、商工会議所で地域の経営指導を行っている方、等

研修スケジュール

「地域プロデュース計画シート」の作成

地域に戻りすぐに活動できるよう研修期間を通じて、自分の地域のプロデュースを計画する「地域プロデュース計画シート」を作り上げていきます。
研修生ごとのワークだけでなく、ふるさとプロデューサー等がアドバイスしていきます。

研修概要

研修期間
平成30年9月~平成31年1月予定
研修プログラムの参加費は無料。
研修中の旅費(交通費・宿泊費)は自己負担となりますが、その一部を補助致します。
詳しくは募集要項をご覧ください。
研修先
  • 帯広商工会議所
  • 有限会社マイティー千葉重
  • 一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社
  • 株式会社リバースプロジェクトトレーディング
  • 株式会社四万十ドラマ
  • スノーアイティエヌ株式会社

詳しくはこちら

委託元
中小企業庁 経営支援部 創業・新事業促進課

研修生条件

  • 日本国籍を有する者。
  • 現在、地域活性化プロジェクトに参加している者であり、当該プロジェクトの責任者もしくは市町村からの推薦状が得られる者であることが
    望ましい。なお、地域活性化プロジェクトとは、市区町村が行う「ふるさと名物応援宣言」を主軸とした取組等を想定している。
  • 将来的には複数・地域を越えた地域活性化プロジェクトへの参加について承認が得られている者であることが望ましい。
  • 自社(自ら)の商品の販路開拓等を目的とせず、地域活性化プロジェクトのプロデューサーとしての役割を認識できていること。
  • 各研修及び管理事務局が主催する中間研修及び成果報告会に出席できること。
  • 管理事務局等が実施・指定する下記「セミナー・座学研修」「e-ラーニング」等を受講し当該研修の研修生として一定の能力を有する者。
    セミナー・座学研修
    ふるプロ地域ブランディング講座
    e-ラーニング
    ①「地方創生カレッジ」の該当研修の修了証を提出できること。
    ②事業構想大学院大学が実施するeラーニングの視聴。
  • 過去に当該事業で実施した事業を受けていないこと。
    • 平成27年度ふるさとプロデューサー育成支援事業(独立行政法人中小企業基盤整備機構)
    • 平成28年度ふるさとグローバルプロデューサー育成支援事業(株式会社ジェイアール東日本企画)
    • 平成28年度ふるさとプロデューサー育成支援事業(ランドブレイン株式会社)
    • 平成29年度ふるさとプロデューサー育成支援事業(株式会社ジェイアール東日本企画)
  • 「ふるさと名物応援宣言」を行った自治体、今後宣言を検討している自治体またはそれを主軸とした地域活性化プロジェクトの責任者等からの推薦者については、優先採択する。

応募を検討している方はセミナーへの参加・e-ラーニングの受講が必須となっております。

応募期間

平成30年6月1日(金)~平成30年7月16日(月・祝)23:59必着

応募方法

以下、①~⑤の書類をメールにてご提出ください(提出書類は、全て一括してお送りください)。

  • ①エントリーシート
  • ②地域プロデュース計画シート※パスワードは事務局までお問い合わせください。
  • ③推薦書(地方自治体の長、属企業や団体の上司、行政関連区長、地域連携に興味のある方、所等)
  • ④誓約書
  • ⑤地方創生カレッジ修了証の写しまたは事業構想大学院大学eラーニングの受講証
  • ※メールにはセミナーの出席日を明記してください。

申請書類ダウンロード

必要事項を入力の上、提出書類をPDFファイル化し、パスワードを設定した上で
メールにて furupro@jeki.jp 宛に提出してください。
尚、パスワードは提出書類とは別メールにてお知らせください。

※パスワードは、事務局にお問い合わせください。

お問い合わせ

ふるさとプロデューサー育成支援事業(通称:ふるプロ)
事務局 担当:佐伯/菅野