FURUSATO PRODUCER

ふるさとプロデューサー育成支援事業

メニュー
研修受入体制
受入機関名
株式会社 ライヴス
責任者
氏名
黒岩 考自
役職
地域資源マーケティング事業部企画ディレクター
プロフィール

 まちづくりコンサル会社であるエコまちづくりフォーラム株式会社、株式会社都市環境計画研究所を経て、2013年より株式会社ライヴスに入社、現在に至る。

今まで手がけた
地域プロジェクト等

・第5次大平町第5次総合振興計画町民会議 運営支援

・第6次小山市総合計画策定市民会議 運営支援

・結城市街なか再生市民会議 運営支援

・北茨城市観光振興基本計画策定業務 市民会議 運営支援

・四街道観光支援事業において、地元の農産物を使った加工品開発、着地型旅行商品開発をプロデュース

副責任者
氏名
山岸彩夏
役職
地域資源マーケティング事業部企画ディレクター
プロフィール

独立行政法人水資源機構を経て、2014年より株式会社ライヴスに入社、現在に至る。

今まで手がけた
地域プロジェクト等

・四街道観光支援事業において、地元の農産物を使った加工品開発、着地型旅行商品開発をプロデュース
・官民連携による既存施設等を活用した西予の商いづくりプロジェクト有識者会議委員

受入コース

B.国内研修90日

研修名

渡嘉敷村観光総合推進プロジェクト運営業務

具体的な研修内容

●研修生にたずさわっていただく事業

渡嘉敷村観光総合推進プロジェクト運営業務は、主に、「渡嘉敷村観光推進組織設立基本計画策定」事業及び「渡嘉敷村観光振興実施計画策定」事業となります。
*両事業は、本年度、渡嘉敷村から弊社が受託した事業です。

●事業内容
 渡嘉敷村では、昨年度から、村の主幹産業である観光業をさらに発展させるべく、住民、観光事業者、観光客へのアンケートの実施や住民、観光事業者が参加するワークショップを開催し、村全体で、観光産業に取り組む意識の醸成に努めて来ました。
 本年度は、昨年度の住民、観光事業者、観光客へのアンケートの結果、また、住民、観光事業者が参加したワークショップの取りまとめを踏まえ、村の観光組織(観光協会や地域DMO等)の設立に向けた計画並びに村の未来の観光産業の道標となる観光振興実施計画を策定します。
 この二つの計画策定を、村役場だけで行うのではなく、村の商工会代表者、観光事業者、村民の皆さんをメンバーとする委員会を設立し、5回の委員会を開催し、委員会の内容も、ワークショップという形を導入し、村民が参加し、村民が意見を出し合い、村民が自分たちで作る計画にしていくことに努めます。
 弊社は、村役場と密接に連携を取り、開催する各回委員会を円滑に運営するだけでなく、各回委員会開催に向けた準備から、商工会、観光事業、村民のもとに足を運び、この二つの計画作りへの理解を深めていただき、できるだけ、観光事業者、村民の皆さんの声を、作成する計画に反映することに努めます。
 研修生の皆さんには、上記の業務を弊社メンバーと共にたずさわっていただくことになります。弊社は、昨年度から、渡嘉敷村の観光推進事業を受託し、村の観光事業並びに村民の皆さんとの関係づくりに努めて参りました。本年度は、村の主幹産業である観光産業の未来を創る事業で、村民の皆さんの声をできるだけ反映し、村民の皆さんが自ら作った観光組織、観光振興実施計画と思っていただけるように努めてまいりますので、研修生の皆さんにも、渡嘉敷村の村民の皆さんの心に深く入り込んで、村民の皆さんの声を聞き出し、村民の皆さんの思いがしっかりと反映する事業にまとめていただくよう、ご一緒に、働いていただきたいと期待しています。

【導入研修】 <15日> ライヴス沖縄支社

①ライヴスの企業理念の共有、ビジネスマナー研修<半日間>
・渡嘉敷村民と接する際は、ライヴス社員とみられるために、ライヴスの事業概要について理解を深めていただきます。
・求められるビジネスマナーを共有します。
②渡嘉敷村観光総合推進プロジェクト事業の説明<半日間>
・事業概要、事業で設定した目標を理解していただきます。
・具体的な作業を理解していただきます。
③渡嘉敷村への理解を深める<3日間>
・渡嘉敷村の歴史・文化・人口動態等、自ら調査したものをメンバーに発表し、共有します。
④沖縄県内地方自治体の観光行政の視察<5日間>
⑤全国及び沖縄県内地方自治体の観光行政についての調査<6日間>
・全国及び沖縄県内地方自治体の成功している観光行政の成功要因並びに推進する組織の形態等を調査し、メンバーに発表し、共有します。

 

【OJT実践研修(渡嘉敷村観光総合推進事業の業務)】 <65日> 渡嘉敷村 or ライヴス沖縄支社 or 竹富町波照間島

①渡嘉敷村視察<1日>
②渡嘉敷村観光推進プロジェクト事業各種打合せ<10日間>
・村役場商工観光課職員との打合せに同席していただきます。
③観光客動向調査<15日間>
・ライヴス社員と共に、フェリー並びに高速船に乗船している観光客にアンケートを配布し、回収し、集計し、分析を行う。
④観光振興実施計画策定及び観光推進体制整備のための委員会運営サポート<計3回:12日間>
・村役場、村商工会、村観光事業、希望する村民の皆さんが参加する委員会・ワークショップの運営をサポートします。ワークショップにおいては、委員会のメンバーと共に発言できます。
⑤観光推進体制整備のための視察ツアーの実施<4日間>
・豊岡市への視察ツアーの運営サポートを行います。
⑥観光振興実施計画素案作りへの参加<10日間>
・委員会の議論を受け、計画書の素案作りに参加します。
⑦多言語受入支援ツール制作のためのヒアリング<4日間>
・観光事業者が利用する多言語受入支援ツールのコンテンツ内容の観光事業者へのヒアリングを行います。
⑧着地型旅行商品開発のサポート<計2回:6日間>
・観光事業者が参加する着地型旅行商品の開発を目的としたワークショップをサポートします。
⑨竹富町波照間島観光支援事業のサポート<1回:3日間>
・弊社が本年度行っている竹富町波照間島の観光支援事業のワークショップに参加し、渡嘉敷村以外の島の観光事業についても考えていただける機会を持ち、観光事業についての視野を広げていただきます。

 

【スキルアップ研修】 <10日> ライヴス沖縄支社

①観光振興実施計画策定作業のサポート<5日間>
②着地型旅行商品の提案と販売サポート<4日間>
・着地型旅行商品の開発のためのワークショップから創出できる着地型旅行商品を提案していただきます。
・村観光業者が実際に販売する着地型旅行商品のチラシの配布等販売サポートを行います。
③振り返り<1日>
・研修を振り返り研修生からの質疑応答から研修生の今後についてアドバイスします。

得られる経験・成果

【課題を抽出する力をアップ】

・全国及び沖縄県内地方自治体の実態の調査や観光客へのアンケート調査等の実施により課題を抽出する方法・ポイントを知ることができます。
・渡嘉敷村並びに竹富町の役場職員、住民並びに観光事業者へのヒアリングから課題を抽出するポイント・方法を知ることができます。

【コミュニケーション力をアップ】

・持続可能な地域活性を成功に導くには、地元住民の合意形成を得た地域活性化策を策定しなければなりません。そのためには、住民の意見(本音)をヒアリングし、施策に反映しなければなりません。時には、酒を酌み交わしながら、住民の意見をヒアリングすることが必要です。今回の研修には、その経験が積め、いかにして住民の意見をヒアリングするかを学べます。

【課題解決策の提案力をアップ】

地方自治体、地元経済団体、地元住民からのヒアリングから抽出した課題を解決するための施策を提案する力を付けることができます。

実際に施策を行う役場、住民と合意形成を行う過程の中で、信頼関係を築き、施策を実現する上でも、困難な事象が起こった場合も、一緒に乗り越える力がつきます。

持続可能な地域活性化策を実現できる

“ふるさとプロデューサー”の誕生

研修のフォローアップ

<研修期間中>
・黒岩、山岸、花咲、草間の4名体制でフォロー
 沖縄支社では、山岸、草間がOJT研修を行い、黒岩、花咲は、メールやSkypeで週1回のフォローを実施します。
・黒岩、花咲は、月2回以上、沖縄での仕事となりますので、その際は、4名体制で、OJT研修並びにフォローを実施します。

<研修終了後>
・研修生の希望や適性にもよりますが、弊社は、観光支援事業を沖縄を中心に全国で行っていますので、翌年度以降の観光支援事業に報酬をお支払いするメンバーとして加わっていただき、フォローすることも可能です。

*雇用形態は、研修生の希望や適性で判断。

研修スケジュール
日程 9月
具体的内容

■9/1 ライヴスの企業理念の共有、ビジネスマナー研修、渡嘉敷村観光総合推進プロジェクト事業の説明
■9/4 渡嘉敷村への理解を深める
■9/5 渡嘉敷村の歴史・文化・人口調査結果を メンバーに発表
■9/6-8 全国及び沖縄県内地方自治体の観光行政についての調査
■9/11 全国及び沖縄県内地方自治体の観光行政の成功事例をメンバーに発表
■9/12 渡嘉敷村視察
■9/13-15 観光客動向調査、集計
■9/19-22 沖縄県内地方自治体の観光行政の視察
■9/25 観光客動向調査結果の集計
■9/26-27 休暇
■9/28 沖縄県内地方自治体の観光行政の視察
■9/29 視察した沖縄県内地方自治体の観光行政についてメンバーに発表

備考

①各役場の都合や事業の進行状況によってスケジュールが変更となる可能性があります。
②台風や悪天候により、フェリーが欠航となりスケジュールの変更となる可能性があります。
③視察先については、沖縄県内の自治体で検討中です。
④沖縄県での研修ということで、米軍基地内での販売研修を設けました。

日程 10月
具体的内容

■10/1-2 米軍基地内フードトラック販売研修
■10/3-6 観光振興実施計画のための委員会運営サポート、委員会開催、議事録作成等
■10/10-13 多言語受入ツール制作のためのヒアリング、集計
■10/16-19 観光振興実施計画素案作り
■10/20 休暇
■10/21-23 米軍基地内フードトラック販売研修
■10/24-27 休暇
■10/30-31 観光客動向調査  

備考

同上

日程 11月
具体的内容

■11/1-2 観光客動向調査、集計
■11/6-9 観光振興実施計画のための委員会運営サポート、委員会開催、議事録作成等
■11/10・11/13-16 竹富町波照間島観光支援事業のサポート準備、運営サポート、報告書
■11/17・11/20-24 着地型旅行商品開発のサポート、セミナー実施、事業者フォロー、レポート作成
■11/27-30 観光推進体制整備のための視察ツアー準備、ツアー実施、報告書作成 

備考

同上

日程 12月
具体的内容

■12/1・12/4-8 観光振興実施計画素案作り
■12/11-14 観光振興実施計画のための委員会運営サポート、委員会開催、議事録作成等
■12/15・12/18 観光客動向調査、集計
■12/19-22 観光振興実施計画素案作り
■12/25-29 休暇

備考

同上

日程 1月
具体的内容

■1/2-5・1/9 休暇
■1/10-11 観光客動向調査整理・取りまとめ
■1/12-13 着地型旅行商品の販売サポート
■1/15-16 着地型旅行商品の提案
■1/17-19・1/22-23 観光振興実施計画策定作業のサポート
■1/24 振り返り:プログラム終了

備考

研修場所

①研修拠点
ライヴス沖縄支社(沖縄県那覇市)

②主な出張先とその回数
・沖縄県渡嘉敷村 8
・沖縄県竹富町波照間島 1
・兵庫県豊岡市 1

③その他訪問先企業等
JTB沖縄

宿泊施設

①無料で利用できる施設等
 
ライヴス沖縄支社(沖縄県那覇市)、ライヴス社用車(1台を共有して利用)

②格安な宿泊施設
(那覇市)
 
・KARIYUSHI LCH.Izumizaki 県庁前(3,500/1泊)
 
・HOTEL StoRK 那覇新都心(3,600/1泊)
(渡嘉敷島)
  ・国立公園沖縄青少年交流の家(1,000/1泊)
  ・民宿かりゆし(3,000/1泊)
(波照間島)
  ・うりずん家(2,500/1泊)
  ・素泊まりハウス美波(2,000/1泊)

上記のホテル料金は、個室料金となりますが、シーズン、プランによって変わります。

お問合せ先

ふるさとプロデューサー育成支援事業(通称:ふるプロ)事務局 担当:内田/管野

TEL: 050-3733-2276